toplog.jpg

須崎木の実の公式ホームページへようこそ!!

私は、イタリア共和国プーリア州ビトント市と日本を結び、
両者のイベント及びオペラフェスティバルを促進しております。
写真(上)は、左から、ビトント市市長、須崎木の実、芸術監督&指揮者の
ヴィート氏です。


お知らせ

 

MENU

第7回ジャパン・アプリア・フェスティバル

Japan Apulia Festival 2018 VII edizione
Musicale Pugliese
Presidente Konomi Suzaki/Direttore artistico e musicale Vito Clemente
in collaborazione con Traetta Opera Festival di Bitonto,
finalista capitale italiana della cultura 2020
e capitale meridionale cultura 2020

第7回ジャパン・アプリア・フェスティバル
プーリアの作曲家によるイタリア近代・現代歌曲

2018 年6月15日(金)18:00開場 18:30開演
音楽の友ホール (地下鉄東西線「神楽坂駅」
から徒歩1分)

赤嶺裕子(ソプラノ)
陰山雅代(ソプラノ)
杉原かおり(ソプラノ)
渡邉公実子(ソプラノ)
柳澤利佳(ソプラノ)
吉田望弥(ソプラノ)
日向由子(メゾ・ソプラノ)

ヴィート・クレメンテ(ピアノ)

主催:ジャパン・アプリア・フェスティバル
後援:イタリア大使館 / イタリア文化会館
協力:東京ムジカ、東京アカデミーofミュージック、ヨーロッパ共同体、
FSC、プーリア州、バーリ県、ビトント市、トラエッタ・オペラ・フェスティバル、アミフェスト、パルコ・デッレ・アルティ ビトント

ちらし1
ちらし2

ヴィート・クレメンテ個人レッスン募集

ヴィート・クレメンテ個人レッスン募集

声楽・コレペティ・指揮

◎1枠 :1時間 20,000円(スタジオ代・通訳付き)
・基本的にピアニストまたは歌手は、ご自身で手配、同伴お願いします。

◎受講資格: 基本的に音楽大学卒業、もしくは同レベルの方。

◎日時:2018年6月11日(月)、12日(火)、13日(水)、14日の4日間 10:00から20:00までの1コマ1時間で調整します。

◎会場: スタジオ: JR荻窪駅から2分
 音楽空間 クレモニア第二練習室

◎お申込み〆切は2018年5月31日。定員になり次第〆切ますのでご了承ください。

◎お申込み&お問い合わせの詳細につきましては、下記ページを参照、
 または、メールにてご連絡ください。
 詳細サイト:http://tokyoacademyofmusic.com
 メール:tokyoacademyofmusic@gmail.com(須崎まで)

指揮者ヴィート・クレメンテ(プロフィール)
イタリア・プーリア州バーリ生まれ。ビトント市出身。2002年『フランコ・カプアーナ国際指揮者コンクール』第1位優勝。
 バーリ・チッタメトロポリターナ・シンフォニー・オーケストラ主席指揮者。「トラエッタ・オペラ・フェスティバル」「アミフェスト」「ジャパン・アプリア・フェスティバル」芸術監督。
フォルトゥーナ歌劇場音楽監督、ルカーナ管弦楽団の音楽監督を務め、ペトゥルツェッリ劇場、スポレート歌劇場シーズン開幕指揮、ボローニャ市立歌劇場管弦楽団、トスカーナ・フィルハーモニー管弦楽団、ヴェローナ野外劇場管弦楽団、ロシア交響楽団など世界各地、東京文化会館など各地の主要劇場にて客演指揮をしている。2012年指揮したオペラ彩主催ドニゼッティ《マリア・ストゥアルダ》は三菱UFJ信託音楽賞受賞。その後もG.ヴェルディ《マクベス》、G.プッチーニ《ラ・ボエーム》、G.プッチーニ《トゥーランドット》を指揮する。イタリア・オペラを中心に宗教音楽の他、現代音楽初演など、幅広いレパートリーを誇る。
ja03.jpg

イタリア国営RAI3ラジオ放送のお知らせ

 音楽学リンコ・ファブリス氏によるラジオ放送に音楽学で氏の弟子であった山田高誌氏が出演し、日本伝統音楽のお話、また指揮者ヴィート・クレメンテと須崎木の実が携わるトラエッタ・オペラ・フェスティバルとジャパン・アプリア・フェスティバルに関わるお話、最近のプロジェクト、プーリア州モーラ・ディ・バーリ出身の作曲家ニコロ・ヴァン・ヴェストラウトのCDリリースなどの日伊合同制作の紹介もされています。いつもジェントルマンで日本でプーリアの作曲家初演などの活動を評価してくださるリンコ・ファブリス氏に心より感謝いたします。(イタリア語のみ)
※放送は、mp3およびYoutubeにて試聴できます。

 

 

CD紹介:LIRICHE · NICCOLÒ VAN WESTERHOUT

ジャケット画像閲覧ができます。⇒CD紹介ページ
試聴もできます⇒試聴ページ

 ニコロ・ヴァン・ヴェストラウト(1857-1898)の歌曲、新校訂版による初の録音がリリースされました。
このCD(ディグレッシオーネ・ミュージック)は、ヴィート・クレメンテのピアノ演奏により、東京アカデミーofミュージック歌手、武田千宜、エリカ・メッツィーナ、マリア・クリスティーナ・ベッラントゥオーノ、陰山雅代、西谷英恵、渡邉公実子、杉原かおり、ヴォリュア・シツコ、赤嶺裕子、森田学、河内夏美、柳澤利佳、リンコ・ファブリス、マウリーツィオ・ペッレグリーニ、レオナルド・カンパニーレの協力により、トラエッタ・オペラ・フェスティバル(イタリア)、ディグレッシオーネ・ミュージック(イタリア)、アイディア・グラフィック(USA)、東京ミュージック・アソシエーション(日本)須崎木の実の監修のもと制作されたものです。
Le Liriche di Niccolò van Westerhout (1857-1898), pubblicate per la prima volta in edizione moderna.
Il disco (Digressione Music) è eseguito al pianoforte da Vito Clemente con i cantanti di Tokyo Academy of Music: Chiyo Takeda, Erika Mezzina, Maria Cristina Bellantuono, Masayo Kageyama, Hanae Nishitani, Kumiko Watanabe, Kaori Sughihara, Volha Shytsko, Yuko Akamine, Manabu Morita, Natsumi Kawauchi, Rika Yanagisawa.
Introdotto da Dinko Fabris, Maurizio Pellegrini, Leonardo Campanile, il disco è una produzione Traetta Opera Festival (Italy), Digressione Music (Italy), Idea Graphics (USA), Tokyo Musica Association (Japan) sotto la supervisione di Konomi Suzaki.

CD画像

指揮者 ヴィート・クレメンテ 声楽・コレペティの為のマスタークラス受講生募集
⇒盛会のうち終了しました。

 声楽家とコレペティの為のマスタークラスです。
優秀者は第6回『ジャパン・アプリア・フェスティバル』のコンサートの一環として10/26(木)18:30開演 イタリア文化会館アニェッリホールでの「ガラ・コンサート」に終了コンサートとして出演する事ができます。

声楽・コレペティの為のマスタークラス受講生募集

 


更新情報

 

更新日付更新内容更新頁
2017/09/18TOPのお知らせにメニューを設置TOPページ
2017/08/26Amifestのページを作成しリンクAmifest
2017/08/20お知らせをInformationとして作成追加していくInformation
2017/07/12写真ギャラリィページを追記Gallery
2017/07/05SNS等のトピックスNewsページ追記News
2017/06/30お知らせ追記TOPページ
2017/06/21TOPページ含め全体をリニューアル全体
2017/06/20Bitontoページ追記Bitontoページ新設
2017/06/14イタリア版Profile追記MySelfPage新設
2017/06/14Traetta Opera Festivalの説明Traetta Opera Festival
2017/06/14Profile記載MySelfPage新設
2017/06/14リンクボタン新設全体
2017/06/13Konomi Suzaki Official Page 開設表紙、Traetta Opera Festivalリンク