ダンヌンツィオ
Gabriele D'Annunzio

NOTTURNINO

Risplende placido
il plenilunio
su ’l mar fremente:
da’ lidi spandonsi
nembi d’effluvii
lontanamente.

L’arcana musica
dell’onde ha fascini
pe’ nostri cuori
e l’alme inseguono
alate immagini
fra questi albori.

Su le fosforiche
spume galleggia
la barchettina,
spinta da l’aure
ne la fantastica
notte divina…

O Iole, avvolgimi
ne’ tuoi lunghissimi
capelli d’ôr!
Co’ labbri ambrosii
o Iole, baciami,
baciami ancor!…


VERE NOVO

Ampia de ’l sole a gli amplessi raggianti
natura esulta in mezzo a i novi amori,
e a tanta festa di luce e di canti
ridon le donne belle e i vaghi fiori.

Ma tu mi sei lontana, o mia fanciulla,
e a me questo splendor non dice nulla.
Ma tu lontana sei, fanciulla mia,
e a me la gioia pare un’ironia.


LE LAMPADE MARINE

Lucono le meduse come stanche
lampade sul cammin della Sirena
sparso d’ulve e di pallide radici.

Bonaccia spira su le rive bianche
ove il nascente plenilunio appena
segna l’ombra alle amare tamerici.

Sugger di labbra fievole fa l’acqua
ch’empie l’orma del piè tuo delicata.


NE ’L VIALE

Soli eravamo lungo il bel viale
che finisce su ’l mare, e una giuliva
torma d’augelli ne la trionfale
maestà de ’l tramonto s’inseguiva.

Correa per l’aura una celestiale
fragranza di magnolie, e su la riva
ne ’l saluto de ’l sol l’onda vocale
mescendo risa e gemiti moriva.

Ella volgeva sempre in là la faccia
quand’io talvolta la guardava fiso,
e recideva i fiori più vivaci…

Quand’ecco venne dietro, co’ le braccia
mi cinse il collo, tutta rossa in viso,
e — Sai, — disse ridendo — tu mi piaci. —
小夜想曲

穏やかに輝く
満月が
震える海の上に懸かり、
浜辺から放たれる
濃密な香りが
遠くへと流れる。

神秘的な音楽を奏でる
波の魅力が
私たちの心を捉え、
魂の追い求める
気高いイメージが
この白い光の中を舞う。

燐光を放つ
泡の上に浮かぶ
小さいボートが
風に押され
夢のような
神々しい夜を進む…

イオーレよ、私を包め、
君の極めて長い
黄金の髪で!
その芳しい唇で、
イオーレよ、私に口づけを、
私に口づけをもっと!…


新しい春

あまねく、太陽の光輝く抱擁に、
自然は歓喜し、新しい愛に満ち溢れる。
そして光と歌の盛大な祭りに
美しい女たちと可愛らしい花々が笑う。

なのに君は私から遠い、私のおさない恋人よ、
私にとってこの輝きは何の意味もない。
なのに君は遠い、おさない私の恋人よ、
私にとって喜びは皮肉みたいだ。


海のランプ

光るクラゲがまるで消えかけの
ランプのようにセイレンの通い路を照らす、
散らばり漂う海藻と白っぽい根の間で。

凪が息づく白い岸辺に、
生まれ出づる満月が微かに
描くのは、潮香るギョリュウの木の影。

唇ですするような、か細い音を立てる水に
満たされて、君の足跡が脆く崩れる。


並木道で

二人きりで歩いていた美しい並木道は
海へと通じ、楽しげな
鳥たちの群れは、圧倒するような
夕焼けの荘厳な空を翔け巡っていた。

風に乗って流れていた、この上ない
モクレンの香り、そして岸辺では、
別れを告げる夕日を浴びて、響きの良い波が
笑いとうめきを混ぜながら消えていた。

彼女はずっと向こうに顔を向けていた、
私が時おり彼女をじっと見つめていたのに、
彼女は生き生きとした花を摘み取っていた…

するといきなり後ろに回って、両腕を
私の首に絡め、真赤な顔をして、
「ねえ、」と笑いながら言った「あなたが好き。」